本文へスキップ

医療法人寿山会 リハビリテーション部は、技術・環境ともに日本最高水準のリハビリテーション医療を目指します。

各種報告Report

平成18年(2006年)度

著書

  1. 酒井英謙・ 鈴木俊明・谷万喜子
    The Acupuncture for Dystonia―ジストニアと鍼治療―、2006年

学会 (演題名・発表者名・学会名・発表地・発表年月日)

  1. 「左合谷への鍼刺激が左胸鎖乳突筋の反応時間に与える影響~置鍼時間の変化による検討~」、酒井英謙・谷万喜子・鈴木俊明 、全日本鍼灸学会近畿学術大会、2006年6月

  2. 左合谷への鍼刺激が左胸鎖乳突筋の反応時間に与える影響
    酒井英謙・谷万喜子・上田愛・西村栄津子・井上博紀・高田あや・鈴木敏明
    第55回全日本鍼灸学会学術大会、金沢、2006年6月

  3. 肩関節屈曲角度変化と重心動揺および下肢筋活動について
    高木綾一・山元多賀子・高崎恭輔・大工谷新一・鈴木俊明
    大阪理学療法学術大会、2006年7月

  4. 「足部周囲筋の筋活動改善により、歩行時における足部の疼痛が消失した第2中足骨骨折後の一症例」 、永吉啓吾・鎗水隆文・高木綾一
    関西理学療法学会、 2006年12月

  5. 非対称な座位姿勢からの立ち上がり動作により、非麻痺側膝関節痛が生じた慢性脳血管障害片麻痺患者の一症例」
    藤田元生・金玲里・高木綾一、関西理学療法学会、2006年12月

  6. 「立位姿勢の非対称性の改善が歩行改善へと繋がった被殻出血の一症例」
    藤井隆太・高木綾一、 関西理学療法学会、2006年12月

  7. 「肩関節屈曲可動域制限の原因が僧帽筋上部線維の筋緊張亢進であった一症例」  遠隔部経穴への鍼治療の効果、酒井英謙・竹内元基・高木綾一 、関西理学療法学会、 2006年12月

論文 (題名・著書名・雑誌名・巻・ページ・発行年)

  1. 左合谷への鍼刺激が左胸鎖乳突筋の反応時間に与える影響について
    酒井英謙・谷万喜子・西村栄津子・上田愛・福島綾子・井上博紀
    高田あや・鈴木俊明、関西理学療法、6:103-107 、2006年