私たちが目指すもの

目標


1.私たちは、患者さまの活動性を大切にしたリハビリテーションを実施します。
医療法人寿山会は病院、老人保健施設、訪問看護ステーション、有料老人ホームを有しており、患者さまの病態や症状が変化しても、リハビリテーションを提供できる体制をとっております。急性期、回復期、維持期に応じて、適切な質と量のリハビリテーションサービスを潤沢に提供することが、患者さまのADL能力の向上やQOLの改善に必要であると考えます。そのためには常に患者さまの活動性が低下しないようにリハビリテーションサービスによる支援が必要であると考えます。以上のことから、上記の1の目標を策定しました。
2:私たちは、患者さまに治療内容を明確に説明できるセラピストをめざします。
治療内容の明確な説明をすることで患者さまと共にリハビリテーションを進めていくことができると考えます。一方的な意思疎通による治療は、セラピスト主体のリハビリテーションとなってしまいます。患者さまの活動性を大切にするという理念を達成するためにも、明確に治療内容を説明し、患者さまにその治療内容を理解していただくことが重要であろうかと考えます。以上のことから上記の2の目標を策定しました。
3:私たちは、臨床・教育・研究活動を行動の基本として自己研鑽を続けます。
リハビリテーション医療に関わるセラピストは常に臨床、教育、研究活動が必要であると考えます。臨床は当然のこと、教育により後進のセラピストのレベルを上げることや、研究により妥当性の高いリハビリテーションサービスを提供することはセラピストの責務であります。その精神を達成するために、理学療法士等の養成校実習生の受け入れや臨床研究の学会や論文発表を定期的に行います。以上のことから上記の3の目標を策定しました。


リハビリテーション精神


上記の目標を達成するために、日々の業務において私たちは以下のリハビリテーション精神を持ちます。

  1. 私たちは患者さま主導型のリハビリテーション環境を実現します。患者さまが自ら治す力を身につけていただくための最大限の環境と、リハビリテーションサービスの提供を行います。
  2. メディカルチェックを定期的に行うことでリハビリテーションの効果判定を明確にします。効果判定を患者さまにご説明し、リハビリテーションの効果や目的をセラピストと共有します。
  3. 最新の臨床研究の結果に基づく治療を行います。このことにより、リハビリテーションの効果を最大限に引き出します。そのため、セラピストはリハビリテーションサービスのみならず、臨床研究活動にも力を入れます。


地域リハビリテーション


医療法人寿山会は喜馬病院に回復期リハビリテーション病棟・急性期病棟・地域包括ケア病棟を有し、また、外来診療も行っております。さらに、介護老人保健施設や訪問看護ステーション、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅も有しております。

これらのことから様々な方に対してリハビリテーションを提供できる体制となっております。また、リハビリテーション日数期限により、リハビリテーションが必要な状況でありながら、リハビリテーションが受けられなくなった患者さまに対しては介護保険を用いた訪問リハビリテーションや通所リハビリテーションなどを提供させて頂くことや、近隣の鍼灸・マッサージ院と協力して患者さまのフォローを行っております。



今後は地域市民の皆さまの健康増進を目的としてリハビリテーション部主催の患者さま向けの無料講習会等も企画していきたく思っております。

また、リハビリテーション部では、顧問を鈴木俊明先生(関西医療大学教授、理学療法士、医学博士)にお願いしております。

鈴木先生はリハビリテーション部が研修機関としてお世話になっている関西理学療法学会( http://www.enro.info/ )の会長であり、学術的にも大変有名な先生であります。著名な先生のご指導の下、リハビリテーション部職員は日々自己研鑽をしております。