OB/OG-退職した元職員のエッセイ

寿山会リハビリテーション部を退職し他の法人や施設で活躍している元職員のエッセイです。
※職種や所属、経験年数などは、エッセイは掲載当時のものです。
タイトルをクリックすると本文が表示されます。

理学療法士


喜馬病院の魅力 - 理学療法士 熊澤 浩一 (青丹学園 関西学研医療福祉学院 理学療法学科)

 「喜馬病院ってどんなところ?」という質問を受けることがあります。勤めていた当時は、「勉強会が盛んで、研究もできるところ。急性期から訪問まであることも特徴。」というような答えをかえしていました。 今回、エッセイのお話を頂きましたので、改めて寿山会、喜馬病院について私の印象を述べたいと思います。まず、新人研修にも含まれる院内勉強会は基礎的なものから新しい知見まで幅広い内容でした。 作業療法士や言語聴覚士以外にも、鍼灸師や健康運動指導士などのスタッフもいる職場でしたので、様々な観点から学ぶことができることも魅力でした。 顧問の先生や上司、同僚から臨床指導を受けられる場や症例検討会もあり、今の臨床能力の礎を築くことができたと感じています。 ほとんど経験がなかった研究については、発表をされる先輩方がおりましたので、その話を聞くことや、取り組んでいる姿を見ることで啓発を受けていました。 実際に統計学や研究手法を学ぶ機会もあり、拙いながらも私も研究をすることができました。 各病期のリハビリに携わらせて頂ける機会があるということはもちろん特徴の1つであり、現在はその幅はさらに広がっていると聞いております。 以上が当時の印象をまとめたものです。
 しかし、改めて振り返ってみると当時の印象の裏に隠れていたものがより大事であり、魅力なのだと思うようになっています。 多くの勉強会や臨床、研究指導がありましたが、その機会を準備してもらえる人がいないと成り立ちません。 指導をもらう時に夜遅くまで作業をすることがありましたが、指導をしてもらう人もまた遅くまで付き合ってもらっていました。 当時も感謝の気持ちはありましたが、時を経てより感謝の思いが増しています。 一方向の指導だけではなく、何か取組みをしようとしたら、それに応えてもらえる指導者や仲間がいることが寿山会の大きな特徴だと今は感じています。 最後に、大変なことももちろんありましたが、このように振り返られる職場ということも魅力の1つですね。

言語聴覚士


準備中

作業療法士


準備中

健康運動指導士


準備中

鍼灸師


準備中