入職3年未満の職員のエッセイ

寿山会リハビリテーション部に所属する職員 で入職3年未満の新人職員のエッセイです。
※職種や所属、経験年数などは、エッセイは掲載当時のものです。
タイトルをクリックすると本文が表示されます。

理学療法士


治せるセラピスト‘と‘支えるセラピスト‘を目指して - 理学療法士 矢野 悟

私は喜馬病院に入職して今年で2年目を迎えます。

喜馬病院へ入職したきっかけは学生時代に介護老人保健施設ヴァンベールで実習を経験させて頂き、‘治せるセラピスト‘と‘支えるセラピスト‘の魅力を感じたことにあります。

知識と技術を活かして臨床に臨む‘治せるセラピスト‘の姿勢と、利用者さまやご家族さまの生活を考えて近い距離感で接して治療やサービスを提供する‘支えるセラピスト‘の姿が印象的でした。また、法人の教育制度も魅力の一つでした。実際に教育制度の中で、入職1.2年目を対象とした共通プログラムを受けてセラピストとして基礎知識の復習から知らなかった知識を得る機会となっております。また、接遇に関する教育も充実しています。挨拶や礼儀など社会性についても、その都度ご指摘を頂いております。一人のセラピストである前に一人の社会人としても成長させて頂ける制度と感じております。

私は幸いなことに1年目で入職するきっかけとなった介護保険施設ヴァンベールに配属させて頂きました。そして、2年目から病院で回復期病棟を経験し、現在は地域包括ケア病棟を担当させて頂いております。介護老人保健施設から病院へ移り、利用者さまと患者さまでの接し方の違いやリハビリ内容などに戸惑うこともあります。一方で、新たな発見や知識を深める機会も多く頂いております。また、1人の患者さまに接する時間が増え、入院期間から退院の過程、そして、その後の生活について考える時間も増えました。その中で、昨年、介護に携わる領域で学んだセラピストとしての経験を少しでも活かせたらと考えております。患者さまとご家族さまの理想とする生活の少しでも力になれるように、‘治せるセラピスト‘そして‘支えるセラピスト‘を目指していきたいと思います。

言語聴覚士


臨床への思い - 言語聴覚士 田原 嘉奈子

みなさん、言語聴覚士というお仕事をご存じでしょうか。ようやく最近、名前が知られてきたとはいえ、まだまだ「どんなお仕事?何をする人?」と聞かれることが多いです。言語聴覚士の役割の一例として、ご飯やお茶を飲んだり食べたりすることができなくなったり(嚥下障害)、喋ることができなくなったり(失語症)した方へのリハビリが挙げられます。私は喜馬病院に入職してから、回復期リハビリテーション病棟を担当させていただいております。

私事ですが、私の実習中、祖父は誤嚥性肺炎を繰り返し、また廃用による嚥下障害のため、長期入院をしておりました。胃を全摘していたため、胃ろうの造設もできずに経鼻チューブや点滴で栄養を入れていました。お見舞いに行くたびに、食事ができずに痩せ細っていく祖父を見るのは、ただ悲しいものでした。そんな祖父を見るのが辛く、何かと言い訳をつけてお見舞いに行かなかった時期もありました。

あのとき感じた、家族が活気を失って痩せていく心苦しさを、患者様やご家族様にしてほしくないという思いが強くあります。そのため、ゼリーを1つ食べられたことや、短い挨拶の言葉が出るようになったことなど、患者様の日々の変化や状況を、ご家族の皆様が来られたのを見かけた際は、なるべくお伝えするように心掛けております。

臨床現場では、考えが未熟な故に悔しい思いをすることが数多くあります。祖父の件で感じた悲しみや臨床での数々の悔しさを無駄にしないよう、次にいかしていくことが今後の目標です。

健康運動指導士


1番強く思うこと - 健康運動指導士 池内 洋子

学生時代から喜馬病院へ入職するまで様々な仕事を経験してきました。事務職やサービス業など様々な職業を経験しても、運動が好きな私は体を動かす場所での仕事にやはり魅力を感じました。また昔から、誰かを陰で支える縁の下の力持ちのような仕事がしたかったことや、中途入職となるため教育プログラムが充実している喜馬病院に入職を決めました。

私は6階リハビリテーションセンターのフィットネスエリアで、外来・入院患者さまの運動指導を行っています。リハビリ以外にも自主トレーニングを行ってもらい、リハビリの効果を維持・向上させるようお手伝いをしています。

リハビリの世界に無知のまま足を踏み入れ、右も左もわからない状態でも、理学療法士や作業療法士の先生と同じ勉強をするということは「難しい」と感じる他ありません。しかし、患者さまから見れば、今まで何をしてきていようが皆先生です。入職して3年目になり、今までいろいろなことを学んできましたが、正直なところまだまだ難しいと感じることばかりです。また、学んだことを実際に生かせているのか、正確に行えているのか、疑問が多く不安だらけです。しかし私の周りには、毎日実際に患者さまとリハビリを行っている先生がたくさんいます。わからないこと、疑問に思うこと、その場ですぐに聞ける環境が整っています。医療の世界ですので、難しくて当然です。しかし、「わかった」「できた」が増えていくことは自分の自信につながります。また、「先生のおかげで痛くなくなったよ」「最近調子がいいよ」「力がついて○○ができるようになったよ」など、患者さまからのお言葉が私の1番の力となり、患者さまの人生の一部に微力ながらも関われることがやりがいとなっています。勉強は難しいですが、経験年数に応じた受講内容となっているので、ゆっくりと余裕をもって勉強していくことができます。

何でも教えてくれる先生方と、毎日リハビリに励む患者さまに感謝しながら、知識と経験を増やしていく毎日です。体だけでなく、心も元気になって退院して頂ければとても嬉しいです。

鍼灸師


臨床経験から感じること - 鍼灸師 吉田 慎司

私は関西医療大学を卒業し、喜馬病院の健康スタジオキラリで働かせて頂き1年が経ちました。

ここでは、鍼灸師にとってあまり聞き慣れない『リハビリテーション』を学び、患者様へ提供しております。主に外来の患者様や、グループホームへ往診に行き、治療やリハビリテーションをおこなっております。

初めて『治療』をすることによって感じたことが多々あります。まず、初めて患者様と向き合い一人で『治療』をさせて頂いた時は、嬉しい気持ちと緊張感がありました。外来の患者様は、病棟で入院している患者様とは違い、日常生活があります。買い物をする方、友人と食事に行く方、散歩をする方、ボランティア活動をする方など.....。そのため、毎日来院される方もいれば、不定期に来院される方などさまざまな方がいらっしゃいます。患者様の体調や動作の変化が、少しずつ変わる時もあれば、大きく変わる時もあります。

私は、セラピストとして『治療』をする事が重要視されると考えておりました。また、患者様のニードを引き出し、応える事も『治療』の一環だと考えております。 しかし、最近感じることは、患者様が治療を受けた後、日常生活をどう過ごしたいか、ということを理解する必要があるのではないかということです。私は、患者様とどうのように接するべきかということを考えるようになりました。患者様としっかり向き合い、患者様のバックグラウンドを理解した上で『治療』や『リハビリテーション』を提供できればと考えております。

また、初めて治療させて頂いた気持ちを忘れず、今後の臨床を取り組んでいきたいと思います。