本文へスキップ

医療法人寿山会 リハビリテーション部は、技術・環境ともに日本最高水準のリハビリテーション医療を目指します。

入院 - 急性期リハビリテーション

急性期リハビリテーション


<急性期リハビリテーション病棟とは・・・>

「急性期」とは病気を発症し、急激に健康が失われた状態を指します。「病気の進行を止める」「病気の回復が見込める目処をつける」までの間提供する医療であり、全身管理を必要とする時期であります。


急性期病棟へ入院対象となる方


どのような疾患でも急性期病棟への入院は可能ですが、リハビリテーションについては対象疾患がございます。以下のリハビリテーション治療の対象をご確認くださいませ。
<リハビリテーション治療の対象>
  • 脳血管疾患、脊髄損傷など
  • 上肢、下肢、骨盤、脊椎などの 骨折もしくは手術後
  • 外科手術、肺炎などの治療安静により廃用症候群をきたした方
  • 上肢、下肢、骨盤、脊椎などの神経、筋、靭帯損傷


当法人の急性期リハビリテーションについて


急性期病棟では、病気やケガを発症してすぐの方に対してのリハビリテーションサービスを提供しております。特に、整形外科術後や脳血管疾患発症後に、早期のリハビリテーションを強化的に行っております。その他、肺炎や外科術後などの治療安静により廃用症候群をきたした患者さまに対しても介入をしております。そのため、様々な疾病の方に対して在宅復帰を支援しております。また、定期的なカンファレンスを開催し、患者さま・家族さま・職員間での情報共有を充実させ、在宅生活がより安心安全に送れるように様々な提案もさせて頂いております。業務目標としては以下のことを挙げております。

入院患者さまのQOL(生活の質)の改善、向上のためのリハビリテーションサービスを行います。リハビリテーション部の目標に基づき、リハビリテーションサービスを行うことで、患者さまの満足度を上げることを目指します。

早期からのリハビリテーション実施により、より早く患者さまの機能改善を目指します。
また、長期臥床による廃用症候群や褥瘡(じょくそう:床擦れ)、転倒の発生に留意していきます。急性期リハビリテーションスタッフが褥瘡予防対策委員、NST委員(栄養サポートチーム)、転倒予防委員に加わっております。急性期病棟に入院され、リハビリテーションサービスを提供している患者さまは勿論、リハビリテーションサービスの提供がない患者さまに対しても必要に応じて様々な提案をしております。

  入院リハビリテーション
時間帯 午前 午後
診療時間 9:00~12:00 13:00~17:00


医療法人寿山会 喜馬病院

〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4-2-8

TEL: 072-961-6888
(喜馬病院代表電話番号)
FAX: 072-965-2836