本文へスキップ

医療法人寿山会 リハビリテーション部は、技術・環境ともに日本最高水準のリハビリテーション医療を目指します。

入院 - 回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション


<回復期リハビリテーション病棟とは・・・>

「回復期」とは急性期を脱して健康な状態へと回復していく期間の医療を指します。一般的には薬剤や治療行為が少なく、「リハビリテーションが必要な状態」というのが特徴です。

回復期リハビリテーション病棟では、急性期からの継続したリハビリテーションサービスを提供しております。当院急性期病棟からだけではなく、他院からの受け入れも行っており、様々な方への在宅復帰を支援しております。また、リハビリテーションサービスの提供だけでなく、家族さま・職員間での情報共有を充実させ、家屋訪問なども行いより良い在宅生活が送れるように様々な提案もさせて頂いております。業務目標としては以下のことをあげております。

<業務目標>
  • 入院患者さまの QOL改善、向上のためのリハビリテーションサービスを行う。リハビリテーション部の目標に基づき、リハビリテーションサービスを行うことで、患者さまの満足度を上げる。
  • 病棟における日常生活のすべてがリハビリテーションとなるよう、スタッフは情報交換を密に行い、最大限の能力を引き出しながら在宅復帰にむけた援助を行う。

また、回復期の取り組みとして以下のことも行っております。

  • 365日リハビリテーション:日曜日・祝日も休まずリハビリテーションを行います。
  • 早出・遅出制度:朝方や夜の状態の確認を行います。
  • ADLチェック:看護部と協力して定期的に状態の確認を行います。
  • ユニット制度:チーム医療が行えるようユニットを組みリハビリテーションを行います。
  • 家屋訪問:入院中にご自宅に伺い退院後の生活を踏まえたリハビリテーションを行います。また、住宅改修などの検討も行います。

<回復期リハビリテーション病棟のスタッフ>

回復期リハビリテーション病棟では、回復期の患者さまに対して、機能の回復や ADL (日常生活動作)能力の向上を図り、社会や家庭への復帰を目的とした患者さま毎のリハビリテーションサービスを提供致します。そのために、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士が協力し集中的なリハビリテーションサービスを提供致します。



回復期リハビリテーション病棟へ入院対象となる方


  • 脳血管疾患、脊髄損傷などの発症後2ヶ月以内
  • 大腿骨頚部、骨盤、脊椎などの骨折もしくは手術後2ヶ月以内
  • 外科手術、肺炎などの治療安静により廃用症候群をきたした方で術後または発症後2ヶ月以内
  • 大腿骨、骨盤、脊椎などの神経、筋、靭帯損傷後1ヶ月以内


回復期病棟におけるリハビリテーションについて


回復期リハビリテーション病棟において、リハビリテーションには理学療法、作業療法、言語聴覚療法があり、患者さまの状態に応じて必要とされるリハビリテーションを行います。

  入院リハビリテーション
時間帯 午前 午後
診療時間 9:00~12:00 13:00~17:00


回復期リハビリテーション病棟入院から退院までの流れ



※1 総合実施計画書とは現在の状態や訓練内容、今後の方向性について説明するために、 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士により、毎月1回作成されます。作成された計画書は作成直後、または毎月1回行っている面談時に説明を受けながら患者さまやご家族さまに渡されることになっています。
※2 自宅退院の予定となっている患者さまに関しては必要に応じ、自宅復帰に向けて家屋調査をさせていただいております。家屋調査には退院前訪問指導の担当理学療法士が同行し、場合によってはケアマネジャーや建築士も同席することがあります。

自宅に伺った際、退院後の生活を考慮して、主に屋内外の段差解消や手すりの設置の必要性やベッドの配置、入浴動作の確認などについて検討させていただきます。


医療法人寿山会 喜馬病院

〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4-2-8

TEL: 072-961-6888
(喜馬病院代表電話番号)
FAX: 072-965-2836