本文へスキップ

医療法人寿山会 リハビリテーション部は、技術・環境ともに日本最高水準のリハビリテーション医療を目指します。

言語聴覚士(ST)

言語聴覚士(ST)とは

言語聴覚療法( ST : Speech Therapy )とは、言語(言葉)に障害を持つ人に、その障害にある機能の評価に基づき、それによって生じる社会生活上必要とされるコミュニケーション、嚥下(飲み込み)の障害に対して行うリハビリテーションです。

例えば成人では、脳血管障害等の病気や事故で起こる、失語症(脳の言語中枢の障害により話す、聞く、読む、書く等の機能が低下)や構音障害(ろれつが回らない等)によりコミュニケーションが難しくなったり、飲んだり食べたりする際に激しくむせてしまい食べられないといった場合に行います。

言語聴覚士はこうした障害を持つ人々に対して機能の維持向上のための検査や訓練などを行い、本人だけでなく家族に対しても指導と助言を行っていき、コミュニケーション、嚥下に関する軽減、改善を目指します。 現在、当院では言語聴覚士により以下の方を対象にリハビリテーションを行っています。

失語症 脳の障害によって話す、聴く、読む、書く、計算するなどが難しくなる障害です。
構音障害 発音が歪む、はっきりしないなど、言葉が不明瞭になる障害です。
音声障害 声が小さくなる、がらがら声、かすれ声といった声の障害です。
高次脳機能障害 注意が散漫になる、集中できない、記憶力が低下するなどの障害です。
摂食・嚥下障害 ムセる、飲み込みにくいなどの食べる能力の障害です。

言語聴覚療法の具体例


  • 脳の病気で言葉が出なくなった方に対し、円滑にコミュニケーションが図れるように発話練習や補助手段の検討を行います。
  • 飲み込みが困難になった患者さまに対し、食事の形態や姿勢・安全な飲み込みの方法を指導・援助します。
  • 言葉や聞こえなどコミュニケーションに障害のある方、飲み込みに障害のある方だけでなく、家族さまを含めその周囲の方々に対して、医師、看護師、理学療法士、作業療法士などと連携をとりながら評価・訓練および相談・指導などの専門的な援助を行います。


医療法人寿山会 喜馬病院

〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4-2-8

TEL: 072-961-6888
(喜馬病院代表電話番号)
FAX: 072-965-2836