KHSのシームレスなサービス体制

FOCAL Professional/SM9:宮地楽器 ミュージックオンライン - 4828b

2020-11-05
カテゴリトップ > スピーカー > アクティブスピーカー
FOCAL Professional/SM9
ベリリウムツィーター、6.5インチウーファー、8インチ・サブウーファーによる3ウェイモニターでありながら、スイッチひとつで小型の2ウェイモニターに切り替えられる、ユニークな設計のスタジオモニター。3ウェイの時は30Hz〜40kHz、2ウェイの時は90Hz〜20kHzの帯域が再生されるため、トーンバランスは一定のまま作業の目的に応じて使い分けることが可能です。周波数帯域別にEQが付いており、クロスオーバー周波数(低域、中域、高域の境目)も変更可能。不要な反響を抑えながら低音を豊かに再生する天板のパッシブラジエーターも特長の1つです。



主な特長

SM9の大きな特長は、3ウェイモニター (ベリリウム・ツィーター+ 6.5″ “W” ウーファー + 8″ “W” サブウーファー + 11″ パッシブラジエーター)と、2ウェイモニター(ベリリウム・ツィーター+ 6.5″ “W” ウーファー)が合体し、完璧にひとつのエンクロージャーに融合している点にあります。

3ウェイシステム・モードは再生周波数帯域30Hz〜40kHzにおいて非常に高い解像度を実現すると同時に多様なアナログ信号制御機能を装備。レコーディング、マスタリングのほとんどの作業がストレスなく行えます。また、2ウェイシステム・モードは周波数特性90Hz〜20kHzというスペックで、TV、マルチメディアシステムなどを想定したミックスのモニタリング用に最適で、スモールモニターとしてご活用いただけます。特にEQやバランス調整の難しいミッドレンジの微妙なコントロールに威力を発揮します。

これら二つのモードの切替えは、サイドパネルにあるスイッチで簡単に操作できます。


SM9にはFocal独自のテクノロジーが投入されています。

ピュアベリリウム・リバースドームツィーター [TB872]

Focalのリバースドームツィーターは20年以上前よりFocalが一貫して採用してきた独自開発のツィーターデザインです。ボイスコイルとドームの間のメカニカル結合の最適化によりコーンの表面全体を安定的かつ均一に駆動する結果、放射されるエネルギーはストレスも歪もなく均一に空気に変換されます。カバーする帯域は5オクターブ(1,000〜40,000Hz)にも亘り、最新のHDオーディオフォーマット環境においても、シームレスなモニタリングを可能とします。


SM9に搭載されている新開発のTB872ツィータードライバーは驚異的な磁気回路(2.1tesla)と新設計のボイスコイルを採用し、トランジアント、インパルス特性、ダイナミクスすべての面で歴代ベストのパフォーマンスを実現しています。


“W”コンポジット・サンドイッチ・コーン ウーファー・ドライバー

超軽量の構造材コアをガラス繊維シートでサンドイッチしたもので、ガラス組織の非常に長い繊維を驚く程精密に織り上げたことによる軽量でありながら、強度、剛性は抜群という利点を有しています。同 サイズのアラミド繊維やケブラー織物に比較すると、より軽量に仕上がり、しかも高い剛性(約20倍以上)を実現することができます。また、樹脂とガラス の間の分子結合がアラミド繊維よりも大きいことに注目すべきで、それによってコーンの構造はより強固で均質なものとなるのです。Focalがこのウーファーを開発して既に15年以上が経ちますが、質量、剛性、ダンピング性能というウーファードライバーにとって3つの重要な要素のパラメーターバランスが最も理想に近いものとして、現在も右に出るものがありません。


パッシブラジエーター

コンパクトなエンクロージャーで低域再生能力を向上させるために、パッシブラジエーターというソリューションがあります。SM9では、妥協を一切排除した”W”コーン採用のカスタムメイド・ラジエーターを搭載。エアフローノイズとは無縁のパワフルな低域再生を実現しています。

 

3ウェイシステム・モードと2ウェイシステム・モードの切り替えができるモニター・スピーカー

価格
977,778円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
お取り寄せ商品/お問合わせ下さい
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

KHS(きつこう会ヘルスケアシステム)とは

大阪市西部で医療・介護・予防サービスを展開しています。
大阪市西部地域が医療・介護や予防を通して安心して生活できる地域になれるよう、地域の皆様を様々な分野からサポートできる体制を整えています。


きつこう会・社会福祉法人亀望会及び関連施設やサービスをひとつのブランドとする総称をKHS(きつこう会ヘルスケアシステム)と呼びます

KHSとは

KHSのネットワークマップ

KHS(きつこう会ヘルスケアシステム)とは

大阪市西部で医療・介護・予防サービスを展開しています。
大阪市西部地域が医療・介護や予防を通して安心して生活できる地域になれるよう、地域の皆様を様々な分野からサポートできる体制を整えています。


きつこう会・社会福祉法人亀望会及び関連施設やサービスをひとつのブランドとする総称をKHS(きつこう会ヘルスケアシステム)と呼びます

KHSとは

ニュース・お知らせ

患者さまとご家族へ

2017年4月1日

多根総合病院が日本放射線治療学会認定施設に
度の放射線治療を推進することを目的として策定され...

2016年12月10日

日経メディカル2016年12月号に多根総合病院掲載
日経メディカル(日経BP社)12月号“「外科再生」は道半ば”...

2016年5月3日

平成28年熊本地震においてDMAT(災害派遣医療チーム)1隊を被災地に派遣しました。
平成28年4月16日に本震の発生した平成28年熊本地震におい...

2016年4月9日

多根記念眼科病院 読売新聞病院の実力「眼科」掲載
読売新聞「病院の実力 大阪編 眼科」に多根記念眼科病院 桜井...

2016年4月4日

診療報酬改定に伴う患者様負担額変更のお知らせ
平成28年4月1日からの診療報酬改定にともない、初診時の選定...

2016年4月1日

脊椎内視鏡外科が始まりました。
脊椎内視鏡外科が始まりました。 詳しくはこちらをご覧ください...

2016年2月11日

多根記念眼科病院『病院の実力 2016総合編』(黄斑下手術等手術件数)全国2位掲載
読売新聞社『病院の実力 2016総合編』眼科の手術件数の見方...

2016年2月10日

多根総合病院 内視鏡センターが『病院の実力 2016総合編』に掲載されました。
読売新聞社『病院の実力 2016総合編』の大腸がん 消化器内...

2016年1月9日

多根総合病院が日本救急医学会指導医指定施設に認定されました。
2016年1月から、KHS®多根総合病院が日本救急医学会指導...

2016年1月6日

週刊ポストの胃カメラ特集で、当法人の淺井医師(多根総合病院内視鏡センター副部長)が「胃カメラの名医」120人に選ばれました。
週刊ポストの胃カメラ特集で、当法人の淺井医師(多根総合病院内...

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る